HOME>イチオシ情報>メリットが多いのに負担が少ない手術で安心

手術は短期間で保険適用もあり

医者と看護師

目の機能には大きなトラブルにはならないですが、それでも不快な視野や目の動き、さらに見た目で気になってしまうのが眼瞼下垂です。しかし、クリニックで手術を行えば、改善がみられて目を大きく見せることができます。手術と言っても大掛かりで、数日も入院するようなものではありませんので気構えなくても大丈夫です。麻酔は使いますが、事前にカウンセリングして詳細を決め、手術当日を迎えます。もちろん、術後のケアもしてくれますので、診察からアフターケアまでしっかりと対応してくれます。また、左右でバランスを見て調節しながら治すので、その点も含めて眼瞼下垂の手術ケアするほうが安心です。さらに、状況にもよりますが、基本的には保険適用なので負担も少ないので、気になったら躊躇することはありません。

視野を確保して安全と快適な生活を

女性の目元

眼瞼下垂になってしまうと、まぶたを上に上げる筋肉が衰えて自然とまぶたが下がってしまいます。それ自体は問題だったり、他の病気になるわけではありません。ただ、まぶたが下がってしまうと目に覆い被ってくるので視野が狭くなってしまいます。見えにくくなったり、見える範囲が狭くなるなど不便が多くなってくるので、普段の生活にちょっとした煩わしさが増えてきます。視野が狭くなったり、まぶたが重くむくんだような感じが続くので、さらにまぶたの動きが鈍くなります。

見た目でもマイナス点が多い

女性の目元

さらに眼瞼下垂の手術を受けた方がいい理由は見た目です。顔の印象を大きく左右する目が小さく見えてしまうので、明るいはっきりした顔立ちからインパクトがない印象になってしまいます。また、まぶたが垂れてくると目がはれぼったく見えるので、眠たそうに見えて覇気を感じにくいです。顔の印象も大切なポイントなので、改善できることなら治療しておく方が賢明です。そのためには保険適用の眼瞼下垂の手術などの治療で、無理なく我慢することなく整えておくことが大切です。